ここに注意したい二次会の景品の選び方

結婚式の二次会では、ビンゴやクイズ大会など、新郎新婦とゲストが一体となってゲームをするのが定番です。その景品としてゲストに渡すプレゼント選びは、いつの時代も幹事の頭を悩ませるもの。誰に渡るかわからないプレゼント、誰に渡っても喜んで欲しいと考えますが、老若男女全ての人が喜ぶアイテムを選定するのは難しい事です。そこで参考にしたいのが、過去の二次会景品なので、成功例をご紹介します。まず大切なのは、賞品にメリハリをつけるという事。予算には限りがあるので、全てを豪華には出来ません。ならば目玉賞品をゲストの目を惹く豪華なものを選ぶと良いでしょう。それ以外の景品は少しランクを下げても、なるべく大勢の人に渡るように用意した方が喜ばれます。また、何より大切なのは、新郎新婦の希望を聞く事。結婚式や披露宴の準備で忙しい二人ではありますが、よく連絡を取り合って、意向に沿った会にできるように心掛けたいものですね。

実際に喜ばれている二次会の景品とは

結婚式二次会の景品を選ぶ際には、雑誌などで掲載されている実際に喜ばれた景品のランキングなども参考にするといいですね。一番はテーマパークペアチケットやペア旅行券。ペアでプレゼントされる事には、結婚の幸せをお裾分けの意味合いもあります。次に喜ばれているのは高級食材や高級美容家電。自分ではなかなか買えないけど試してみたかった話題の物がいいようです。他にも、新郎新婦の地元の名産品や、二人の思い出にまつわる品なども、心に残るアイテムとして人気です。なるべく大勢のゲストに楽しんでもらう為には、末等でもたくさんの景品を用意しておきたい所ですが、ウケを狙いすぎた賞品は不評のようなので注意が必要です。例え小さな参加賞になったとしても、ラッピングを可愛らしくしたり、メッセージカードを添えたりなどの、ちょっとした心遣いがあると喜ばれます。

二次会景品を用意する上での注意と心遣い

結婚式二次会の景品にどのようなものを用意するかが決まれば、その景品の準備をしなくてはなりません。いざ買いに行ったら品切れだったという事のないよう、遅くとも1か月前には手配したいものです。今はインターネットで比較的安く買えたり、一括で購入できるサービスもあるようですので、それを利用するのもいいでしょう。もし、全員に景品を用意するプランであれば、当日急に二次会に参加するゲストがいる事も考慮して、数は多めに用意しましょう。当日の準備としては、チケットなどの賞品は目を惹くように、パネルを用意するといいでしょう。生もの、重たいもの、嵩張るものはパネル付き目録で用意して、当たったゲストには後日自宅へ配送するという配慮が必要です。当日は、景品をゲストに渡す時の演出や一言メッセージなど添えれば、二次会は更に盛り上がる事でしょう。