結婚式の二次会ではこの景品がおすすめ

結婚式の二次会やカジュアルな結婚披露パーティーといえば、友人や同僚が集まってビンゴなどのパーティーゲームで盛り上がることが多いでしょう。参加する側としてはとても楽しいですし、もし景品をもらえればとても嬉しいものです。しかし、二次会を計画する側となる幹事さんにとっては意外と悩みの種になるものでもあります。同僚や友人である新郎新婦のせっかくの晴れの場ですから、参加者に喜んでもらえる素敵な景品で場を盛り上げたいと考えるからです。一部の人だけが喜ぶものでも困りますし、持ち運びに困るものも選べません。では、色々な人が集まる場である二次会で、誰もがもらって喜んでくれるピッタリの景品とはどのようなものなのでしょう?幹事さんの参考になる、ゲームなどの景品におすすめの品をいくつか紹介します。

全体のバランスが大事な二次会の景品選びのコツ

ここで気を付けたいのが、いくら人気で汎用性が高いものであっても、同じ種類の景品ばかり選ぶのはおすすめできないということです。例えば、ビンゴの一位も二位も商品券などという状況は見た目が華やかでないこともあってあまり盛り上がらないでしょう。全体を見て景品のバリエーションを豊かにすることが、景品選びのコツです。例えば、目玉商品として携帯音楽プレーヤーや携帯ゲーム機などは持ち帰りも楽でおすすめですので、数点そのような豪華賞品を揃えておき、後は懐かしい駄菓子詰め合わせなど、もらってちょっと嬉しいようなものを数多く用意して多くの参加者に行き渡るようにするとメリハリがついて盛り上がります。まずは二次会の予算内で目玉となる景品を選んで、残りで他のものを選ぶと予算の計画が立てやすくなるのです。

ちょっと変わったおすすめの二次会の景品

デジタル家電などは人気が高く定番ではありますが、品物ではない景品もおすすめです。例えば、テーマパークの入場券やホテルのディナー券などのチケット類も喜ばれます。カフェチェーンで使えるギフト券などは特に女性が喜びますし、予算に合わせた額のものを用意できるので便利です。少し変わったものでは、新郎新婦ゆかりの地の名産品や地酒なども一つの手です。これは二次会中の話題にもなりますので盛り上がりに一役買います。ただし生ものや重い物でしたら当日はパネルなどにしておいて、後日発送するという配慮は必要です。また、参加賞や残念賞など、ちょっとした景品に遊び心を出しても面白くなります。定番は入浴剤やドリップコーヒー一袋などですが、お菓子のビッグサイズ版や、色々な顔がデザインされた面白フェイスパック等、貰った人が笑顔になるような、そんな景品も選んでみてはいかがでしょうか。